Latest Tweets:

まだら模様な日々: 自転車詳細アーカイブ

jitensyamoemoekyunn:

クリンチャー

チューブとタイヤが別れており、チューブを入れたタイヤのビードをホイールのリムの内側にはめ込んで使用するタイヤ。普通にママチャリとかに使われているタイヤです。
リムとのはめ合わせ方法の違いでWO (Wired On) 、HE (Hocked Edge) 、BE (Beaded End) の3つに分類される。パンク修理が簡単で、繰り返し使えるので経済的、タイヤも比較的安価。

  • WO(ワイヤードオン)
    WO はイギリス、フランス規格のもである。タイヤのビード部に鋼製、またはケブラー製のワイヤーがあり、これがリムにはまり込むことでリムにタイヤが保持され る。英国規格のものはインチの分数表記(例:26インチ1 3/8など)されることが多い。フランス規格はミリ表記(例 700-23c)される。
  • HE(フックドエッジ)
    HEは米国の規格である。MTBに使用されているタイヤはこのタイプで、同じインチ数でもWOより一回り小さい。タイヤの太さはインチで表記されるが、こちらは小数点表記である(例:26インチ1.75など) 。
  • BE(ビーデッドエッジ)
    BEはリムに引きかける部分より下側に耳が出ていて、タイヤを装着するとチューブをタイヤが包み込む形となる。通称「耳つきタイヤ」。リム打ちパンクに強く、荷重や悪路に強い。他のタイヤに比べて重い。

BEは実用車向けのタイヤで外すのがすごいめんどくさいのだ

(via hm7)

  1. s-bit reblogged this from hm7
  2. lasty-cucc reblogged this from hm7
  3. echanplus reblogged this from hm7